認知機能検査

認知機能検査の問題集について〜特に実用的な3冊を紹介!

認知機能検査の問題集について〜特に実用的な3冊を紹介!

シニアの方が運転免許を更新するときには、認知機能検査というものが必要になります。

運転免許の更新の期間が満了する日の年齢が、75歳以上のドライバーの方は、高齢者講習の前に、認知機能の検査を受けなければならないとされています。

認知機能検査というものは、運転免許証の更新が満了する日の6か月前から受けることが可能となっています。認知機能検査の対象となる方は、運転免許の更新が満了する日の6か月前にまでに、認知機能検査と、高齢者講習の通知が警察から届くようになっています。

そこで、認知機能検査の問題はどのようなものが出るのかと思う方もいらっしゃると思いますので、問題集をいくつかご紹介させて頂きます。ぜひ、ご参考にしてください。

いっきにわかる! 運転免許認知機能検査

75歳からの免許の更新の必読本です。この1冊で認知機能検査の準備もバッチリできます。2017年に、改正道路交通法が施行されました。その際に、75歳以上の高齢者のドライバーが、免許を更新するときや、事故を起こしてしまったときなどに、認知機能検査を受けることとなりました。

そこで、認知機能検査の練習問題や、見逃してはいけない運転能力低下のサインや、認知機能を保つために必要な運動や、食事などの紹介もしてくれています。この本を読んで、楽しく運転して、色々な場所に出かけてください。

問題集は、3章に分かれていて、第1章心当たりはあるか?運転中にこんなことはありませんか? 第2章自宅でできる運転免許認知機能検査。第3章認知機能を保つ方法は?
それぞれ詳しく記載されています。

問題集を参考にされて、日ごろから認知機能を保つことを心掛けていると、色々な面で役に夏と思います。ぜひ、ご参考にされてみてはいかがでしょうか?
価格は950円とお手頃価格ですよ。インターネットサイトでも購入できます。

運転免許認知機能検査まるわかり本

こちらの運転免許認知機能検査まるわかり本は、検査を受ける方が、落ち着いた状態で、検査を受けることができるように、検査の内容がわかり、練習することができて、何より、実際の認知機能の検査により近いさらに試験も掲載してある、とても実用的な問題集になります。

認知機能の検査の練習をしていても、実際は、どのような形で出てくるのか不安になってしまったり、いざ検査を受けるときに、焦ってしまうこともあると思いますが、こちらの問題集で、練習をされていると、実際のものに近いので、焦らずに、しっかり問題を解くことができるようになると思います。

更に、この本は、脳神経内科の内野勝行先生の監修を受けていますので、より安心できます。こちらもインターネットなどで、1000円前後で購入することが可能です。

インターネットで購入した方のコメントを見ても、すごくいいと、高評価です。
大判のサイズなので、とても見やすく、詳しく記載されています。
ぜひ、ご参考にしてみてください。

運転免許 認知機能検査ブック

こちらの、運転免許認知機能検査ブックは、認知機能検査のすべてがわかるようになっている、対策ブックになります。検査の内容と、練習問題が、本番そっくりの模擬テストを収録しているため、実際の認知機能検査の練習に、最適している1冊といえます。

最近、運転能力の音露⒲が気になり始めたな・・・と思う恒例の方におすすめです。
両親にプレゼントするのも良いと思いますよ。

75歳以上のシニアのドライバー、高齢の親の運転が不安で心配なご家族、自分の運転が衰えているのではと、気になる方、何歳になっても、車の運転を楽しみたい方などにおすすめです。

おわりに

日常生活していると、車があるととても便利ですよね。
買い物に行くにも、遠出するにも、何をするにも、車が運転で来たら幅が広がります。

ですが、高齢者の方の交通事故は増えています。年々、認知機能は低下していってしまうものです。日ごろから、対策をしておくことも大切ですが、車を運転される方は、特に、命をのぜていますので、ぜひ、問題集を活用していただいて、運転の認知機能を高めて頂きたいと思います。