認知機能検査

認知機能テストに出題される16個の絵とは?

運転免許証の更新の期限が満了する日の年齢が75歳以上の方は、高齢者講習の前に「認知機能テスト」を必ず受検しなければなりません。運転に必要な記憶力や判断力を測ることを目的としています。

その一つに4個のイラスト(絵)が描かれた4枚のボードで合計16個のイラストが提示された機能テストがあります。ここでの成績が芳しくない方にいたりましては、専門の医療機関の受診や診察が必要となります。

認知機能テストとは

認知機能テストとは

このテストは警察や委託された教習所等で受けることになります。テストを受ける方のことを考え時間は30分程度で終わります。

記憶力、判断力をテストする内容で、「時間の見当識」「手がかり再生」「時計描画」を中心に手元に配布されたテスト用紙に記入し係員の説明を受けながら進むことになります。従いまして、何らの準備もせずにスムーズにテストに臨むことができます。このテストはなかなか難しく、慢心していますと評価は格段に悪くなることに注意が必要となります。

ではこのテスト項目である3パターンを詳しく見てまいりましょう。このテストは100点満点なのですが、76点以上を取った方は2時間の講習(75歳未満の方と一緒に)になり、ここで75点以下の方は3時間の講習を受けることになります。また75点以下の方のうち、48点以下の点数を取りますと医師の診断が必要になり認知症と診断された場合には運転免許の取消になってしまいますので十分に注意してください。

「時間の見当識」

実際にテストをする年月日や曜日さらに時間を答えることになります。これはとても簡単なテストですので構える必要はないかと思われます。

「手がかり再生」

ある定まったイラスト(絵)を見てそれを記憶させ、すぐさま別の課題項目を実施した後に記憶している絵をヒントなしに回答し、またはヒントを与えて答えさせるテストになります。若い方でも意外と思い出せず、苦労するものです。

「時計描画」

時計のアナログ文字盤を描いてその文字盤に指定された時刻を表す針を描き込むテストになります。

テストの採点結果により、①記憶力・判断力の低下がある(=認知症のおそれがある)。②記憶力・判断力が少し低下している(=認知機能の低下のおそれがある)。③記憶力・判断力は心配ない(=認知機能の低下のおそれはない)。との評価がなされます。その結果の通知はその場で、また後日になりますが書面で通知されます。

自由再生の問題について

自由再生の問題について

この問題は、ヒントなしで16個の絵を思い出すテストになります。ここでは「少し前に、何枚かの絵をお見せしました。」と書かれていて、「何が描かれていたのかを思い出して、できるだけ全部書いてください。」とコメントがあります。

ここでのポイントは、書き出す順序は覚えた順序ではなく思い出した順序で問題ないことにあります。書き方は漢字やカタカナ、ひらがなでも許されています。係員の指示に従って受検すれば案外楽に処理ができます。

手がかり再生の問題について

手がかり再生の問題について

これは記憶力テストになり受検された方の成績により、その後の講習の内容が左右されるほど重要な検査になります。落とすことができなく、心した対応が絶対的に必要になります。

ではその中身ですが、先にも一部お話したとおり、「これから一度に4枚ずつ、計16枚の絵をお見せします。あとで何が書いてあったか答えていただきますので、全て覚えてください。」とのメッセージがでてきます。イラスト(絵)は、4パターンがありどのパターンが出題されるかも分かりません。つまり16個×4パターンの64個ともなれば、なかなか記憶することすら危うくなりますね。

時間内に、例えば「大砲」「オルガン」「耳」「ラジオ」などのイラスト(絵)が見せられます。映像で記憶できる方は問題なく再現できますが、それ以外ですとなかなか難しいテストになります。

おわりに

ご案内のとおり、最近では高速道路の逆走など驚かされる高齢者の運転があります。2017年3月に道路交通法が厳しく改正されました。

この運転免許制度の変更は、75歳以上の高齢者の運転を規制すると言っても過言ではないほどに厳格化されました。

今までは注意喚起の指導に留まっていましたが、成績が悪ければこのテストは容赦なく免許の取り消し処分になることを、心に銘記すべきではないでしょうか。

運転免許 認知機能検査ブック

75歳以上のシニアドライバーが、運転免許更新時に必ず受けなくてはならない
「認知機能検査」のすべてがわかる対策ブック。

検査内容と練習問題、本番そっくりの模擬テストを収録していますので、
実際の認知機能検査の練習に最適な1冊です!

こんな方におすすめ!
  • 75歳以上のシニアドライバー
  • 高齢の親の運転が不安・心配な家族
  • 自分の運転能力の衰えが気になる方
  • いくつになってもカーライフを楽しみたい方

75歳からの免許更新時に義務付けられた認知機能検査のすべてがわかる1冊です。

実際の検査の予習&対策におすすめ。

認知機能検査ブック