運転免許証

高齢者の運転免許証の更新方法〜70歳の方と75歳以上の方の更新方法の違いを解説!

高齢者の運転免許証の更新方法〜70歳の方と75歳以上の方の更新方法の違いを解説!

運転免許証には年齢制限がありません。しかし、70歳以上の方の更新には高齢者講習などの特別な手続きが必要だということを知っていましたか?昨今、高齢者による交通事故が多発しています。

そのため、運転免許証を自主返納してもらう動きが進んでいますが、地方では車がない生活が不便だという地域もあります。そのため、高齢者が安全に運転し続けていけるための更新手続きが必要なのです。

今回は、70歳以上を対象とした高齢者の運転免許証の更新方法についてお話ししていきたいと思います。

70歳以上の更新方法

70歳以上の更新方法
70歳以上の高齢者が運転免許証を更新するためには、更新手続きの前に高齢者講習を受けていなければいけません。

これは道路交通法の規定で定められているものであり、例外はありません。有効期間が満了する日の年齢が満70歳以上になる高齢者は、誕生日の5ヶ月前から有効期限満了日までの間に、高齢者講習を受講することが義務づけられているのです。

高齢者講習を受けていなかった場合は、免許の更新はできません。また、自主返納される方や更新をされない方は講習を受ける必要はありません。高齢者講習は、都道府県内の指定自動車教習所で行っており、免許センターや警察署では行っていない場合が多いです。

高齢者講習を受講すると、講習修了後に「高齢者講習終了証明書」が交付されます。これが免許証の更新手続きに必要な書類のひとつになるため、紛失した場合は更新が出来なくなってしまいます。

75歳以上の更新方法

75歳以上の更新方法
満75歳以上の方は、高齢者講習を受講する前に認知機能検査を受けなくてはなりません。これは判断力・記憶力を検査するもので、この検査の結果で「認知症のおそれ」となった場合は医師の診察を受け、その結果を診断書として提出します。その提出された診断書の内容から、更新を行えるか否かを判断することとなります。検査の結果、「認知機能の低下のおそれがない」と判断された場合は、その後高齢者講習を受講することができます。

認知機能検査は、おおよそ30分程度要します。有料の検査となりますが、安全に運転し続けるためにとても重要な検査ですので、みなさんの理解が必要です。

高齢者講習についての補足

高齢者講習は、70歳以上の方が免許証を更新するために必須な講習です。しかし、これは有料の講習なのです。2時間の講習で手数料5,100円かかります。

内容としては、座学と実技に分かれます。座学では、DVD等などを用いて交通ルールや安全運転に関する知識を再確認してもらいます。

また、指導員より運転に関する質問などを受けながら講義を30分程度受講します。実技では、器材を使って動体視力や夜間視力及び視野を測定します。この測定に30分程度要します。

その後、ドライブレコーダー等で運転状況を記録しながら車を実際に運転します。必要に応じて記録された映像を確認しながら、指導員から助言を受けます。これに1時間程度かかるため、合計2時間程度の講習となるのです。

これらの講習をすべて終了すると、「高齢者講習終了証明書」が発行されます。再発行はしてもらえないので、免許証の更新手続きをするまで大切に保管してください。

おわりに

高齢者講習や認知機能検査を受けるためには、事前の予約が必要となります。都道府県公安委員会から講習受講について通知を受けた方は、なるべく早くから予約等の手続きをするようにしましょう。

もしも予約が一杯で期間内に受けられそうにない場合は、都道府県指定の窓口に早めに相談するようにしてください。

高齢者の方が今後も安全に運転していくための大切な手続きです。自分も家族も守るためには、まずは義務化された手続きを守るようにしてください。

運転免許 認知機能検査ブック

75歳以上のシニアドライバーが、運転免許更新時に必ず受けなくてはならない
「認知機能検査」のすべてがわかる対策ブック。

検査内容と練習問題、本番そっくりの模擬テストを収録していますので、
実際の認知機能検査の練習に最適な1冊です!

こんな方におすすめ!
  • 75歳以上のシニアドライバー
  • 高齢の親の運転が不安・心配な家族
  • 自分の運転能力の衰えが気になる方
  • いくつになってもカーライフを楽しみたい方

75歳からの免許更新時に義務付けられた認知機能検査のすべてがわかる1冊です。

実際の検査の予習&対策におすすめ。

認知機能検査ブック