高齢者講習

高齢者講習の終了証明書について

高齢者講習の終了証明書について

AIに見られますように、社会の進化は、モータリゼーションの仕組みをも変えようとしています。少子超高齢化社会の時代にあり誰もが迎える老後ですが「車」がなければ生活圏もなくなるのも事実として認めなければなりません。

そこで今回は高齢者講習について見ていきたいと思います。

終了証明書とは

終了証明書とは
70歳から74歳までの高齢者が運転免許証の更新をする場合には、更新手続き前に必ず高齢者講習を受講しなければなりません。これは試験ではないので必ずその証である終了証明書が発行されます。その証明書のことをいいます。
この高齢者講習にはその性質により種類があります。「高齢者講習」「シニア運転者講習」「チャレンジ講習」「特定任意高齢者講習(簡易講習)」「運転免許取得者教育」になります。

「高齢者講習」は、高齢者の方が更新の時に受講する一般的な講習になります。各都道府県により若干の違いもありますが、講習の時間は2時間で座学、適性検査、実車による運転講習はそれぞれ60分になっています。手数料は5,100円になります。

「シニア運転者講習」は、高齢者講習とは異なり都道府県を問わずに受講ができます。講習の時間は2時間以上で座学、適性検査、実車による運転講習はそれぞれ60分になっています。講習手数料は5,100円になります。

「チャレンジ講習」は、通常の運転免許取得と同じ試験になり、評価点が70点以上の場合に合格となります。簡易講習と合わせて受講しますと、高齢者講習に代えることができるメリットがあります。不合格者は再度チャレンジするか、他の講習を受講しなければなりません。講習の時間は、一人約30分で実車試験は30分となり手数料は格安の2,650円となります。

「特定任意高齢者講習(簡易講習)」は、チャレンジ受講者で70点以上の方が受けられます。講習の時間は、一時間以上で座学、運転適性検査とも30分以上となり手数料は格安の1,800円となります。

最後に「運転免許取得者教育」は、運転技術のブラッシュアップを目的とした講習で、本講習の受講者は高齢者講習が免除されるメリットがあります。手数料は独自の金額が設定されています。

有効期限は?

有効期限は?
過去の交通違反の有無、それぞれの年齢の違いなどにより運転免許証の有効期限には違いが出てきます。

普通に何の違反などもなければ大半は有効期限5年になります。しかし運転免許取得後5年未満の方や違反運転の方さらに本題の71歳以上の高齢者は3年に限定されています。

満75歳以上の方は、事前の高齢者講習等の受講と講習予備検査(認知機能検査)も受講しなければ更新することができないので注意が必要です。

自分こそはそんなことは無いだろう!の思いは通じない社会になりつつあります。車を運転する高齢者の方は、大いなる自己研鑽が要されます。

紛失した場合の再発行手続きについて

紛失した場合の再発行手続きについて
運転免許証を失くした場合には、最寄りの警察署紛失届を提出し警察署や運転免許センターで再発行の手続きをすることになります。ここでは大まかな内容をお話しします。「運転免許証再発行申請書」「運転免許証紛失顛末書」の該当する事項を記入します。なお、これらの関係書類は手続きする場所にありますのでその指示に従い記入しましょう。

再発行に必要とされるものは、身分証明書・印鑑・再発行の手数料・写真とされています。各自治体により多少の違いがありますので事前に確認しながら申請しましょう。

おわりに

最近は生涯現役などとの言葉に象徴されていますが、老後人生の長さはかつて経験のないほどになっています。高齢者への偏見ではありませんが、高速道路などでの逆走事故や憮然たる態度には辟易の感すらあります。この様なことが少しでもなくなり、高齢者の快適な運転人生のために次の3点を挙げたいと思います。

  1. 身体の衰えを自覚しましょう!
    目・肩・腰の衰えは下半身も含め誰にでも起こる現象になります。自分は鍛えてきたから大丈夫と精神論で一蹴し人の警句を無視する老人をよく見かけます。素直に体力の衰えを認められ快適な運転を心掛けたいものですね。
  2. 脳の老化現象を自覚しましょう!
    ①と同様に自信過剰の高齢者に遭遇しますと異次元の感覚になるときもあります。やはり老化を認めることが大切ですね。
  3. 過度な自信はやめましょう!
    自分は何ともない、だから何だ!とのたもう高齢者もおられます。その意気込みは大事なことですが第三者への配慮が必要ではないでしょうか。自信過剰こそが快適なドライブの妨げになります。

運転免許 認知機能検査ブック

75歳以上のシニアドライバーが、運転免許更新時に必ず受けなくてはならない
「認知機能検査」のすべてがわかる対策ブック。

検査内容と練習問題、本番そっくりの模擬テストを収録していますので、
実際の認知機能検査の練習に最適な1冊です!

こんな方におすすめ!
  • 75歳以上のシニアドライバー
  • 高齢の親の運転が不安・心配な家族
  • 自分の運転能力の衰えが気になる方
  • いくつになってもカーライフを楽しみたい方

75歳からの免許更新時に義務付けられた認知機能検査のすべてがわかる1冊です。

実際の検査の予習&対策におすすめ。

認知機能検査ブック