高齢者講習

高齢者講習が免除される場合について

高齢者講習が免除される場合について

70歳以上の高齢者が免許証を更新するときには、高齢者講習が必要となります。しかし、この高齢者講習は免除される場合があるって知っていましたか?

今回は高齢者講習が免除される場合についてお話していきます。

高齢者講習が免除される場合

高齢者講習は何歳から?

70歳以上の免許更新者に義務化されている高齢者講習ですが、実はこの講習を免除される場合があるのです。

免除されるパターンは二つあります

チャレンジ講習

ひとつは、高齢者講習と同等の講習であるチャレンジ講習を受講することです。このチャレンジ講習の基準に合格した場合は、特定任意高齢者講習(簡易)を受講することができ、これを受講すると高齢者講習は免除されるのです。

ただし、チャレンジ講習で70点以上の点数を取得できた場合のみであり、手数料も安いのでメリットは大きいです。また、70点以下だった場合も有料で再度チャレンジすることができます。

ただし、実施場所が少ないのでお住まいの地域に実施している場所がないこともあります。

運転免許取得者教育

もうひとつは、運転免許取得者教育といわれる講習を受講した方の場合です。これは運転技術の向上等を目的にした講習であり、各教習所が独自に実施しています。

手数料も各自動車教習所で異なるため、各自で調べて受講する必要があります。この講習を受講した場合は、高齢者講習が免除されるのです。

特定任意高齢者講習の受講について

運転免許の高齢者講習は何歳から?

特定任意高齢者講習は、チャレンジ講習に合格した方だけが受講することができます。

チャレンジ講習は年齢によって受講できる期間が違います。

70歳以上から74歳までの人は、いつでも受講することが可能です。しかし合格した際に交付される「チャレンジ講習受講結果確認書」の交付後6ヶ月以内に特定任意高齢者講習を受講しなくてはならないという決まりがあります。

75歳以上の場合は、更新期間満了日の6ヶ月前から受講することができますが、事前に認知機能検査の受検は必要となります。合格後の手続きは同じですが、75歳以上の場合だけ期限等がありますので、注意が必要となるのです。

チャレンジ講習に合格すると、特定任意高齢者講習が受講できるようになります。こちらの講習は、更新期間満了日の6ヶ月前から受講することができ、更新期間がすぎると無効となりますので、忘れないようにしてください。

手数料は1,800円で、座学と適性検査を合わせて1時間程度要します。

運転適性検査に基づく講習や動体視力・夜間視力・身体機能の検査等から自らの状況を判断して事故を起こさないように安全運転ができるための再確認をしてもらいます。また、交通法令の知識や交通事故の実態等も理解を深めてもらいます。

運転免許取得者教育について

各自動車教習所で実施しているのが、運転免許取得者教育です。

年齢を重ねると、反応時間や視力低下等の身体機能の状況の変化から、交通事故が増加してくる傾向にあります。そのため再確認を含めて、高齢者講習と同等の効果を生じさせるのがこの運転免許取得者教育なのです。

3時間程度の講習で、運転適性検査や運転技能の見極め、基本走行(実技)や危険予測等を受講してもらいます。この講習を受講して6ヶ月以内に免許証の更新手続きを行う場合は、高齢者講習や更新時講習を受ける必要はありません。

おわりに

以上の内容を見ていくとわかるように、確かに期限が定められた高齢者講習を免除される場合があるのですが、実際には講習する形が変わるだけで何かしらの講習は必要ということなのです。

つまり、高齢者の方が安全に運転をし続けるためには何かしらの形で講習を受けてもらい、車の安全な運転方法について再確認してもらうことが重要なのです。

運転免許 認知機能検査ブック

75歳以上のシニアドライバーが、運転免許更新時に必ず受けなくてはならない
「認知機能検査」のすべてがわかる対策ブック。

検査内容と練習問題、本番そっくりの模擬テストを収録していますので、
実際の認知機能検査の練習に最適な1冊です!

こんな方におすすめ!
  • 75歳以上のシニアドライバー
  • 高齢の親の運転が不安・心配な家族
  • 自分の運転能力の衰えが気になる方
  • いくつになってもカーライフを楽しみたい方

75歳からの免許更新時に義務付けられた認知機能検査のすべてがわかる1冊です。

実際の検査の予習&対策におすすめ。

認知機能検査ブック