高齢者講習

運転免許の高齢者講習は何歳から?

運転免許の高齢者講習は何歳から?

いまや人生100年の時代とされていますが、誰しもが避けて通ることのできないシニア世代の仲間入りがあります。まだ否もう70歳を迎えたその瞬間から自動車運転免許証に関してその更新方法が大きく変わってしまうのです。

ここで高齢者講習のポイントをお話ししていきます。

高齢者講習は何歳から?

高齢者講習は何歳から?

多様化による時代の変化の速さはシニアにとっても大きな変換点をもたらしてくれます。その一つに高齢者講習があります。

政府の勧奨により定年も70歳になりつつありますがこの70歳がターニングポイントになります。

70歳以前では通常有効期間は5年(違反者、初回、新規者は3年)でしたが、現在70歳で71歳の誕生日が更新日であればその期間は4年とされます。従いまして、71歳以上になりますと「ゴールド免許証・違反事故者」であっても更新後は一律に有効期限3年とされてしまいます。ここがその大きな分かれ目になります。

年齢ごとの違い

若いときは免許の更新につき当然に手続きをして免許証を手にしていました。しかし、70歳を過ぎてからの免許の更新は「高齢者講習」を受講しなければすることができなくなります。

70歳〜75歳まで

この受講は予約制になっていますので希望する教習所や免許センターに直接予約の電話をしなければなりません。ハードルが一段と高くなり、加えて「高齢者講習」の予約が極めて取りにくいという状況が出てきています。

高齢者講習では、運転適性検査や実車を使用した講習で所要時間は約2時間になります。この講習を受講すれば必ず終了証明書が交付され「高齢者講習終了証明書」により免許証の更新が保証されることになります。

以上が70歳を過ぎてから75歳までの免許証更新の内容になります。

75歳以上

つぎに75歳以上になる方の更新の内容をご紹介します。物心両面にわたる衰えが出てくるこの年代は、またもや更新のハードルが高くなります。

2017年3月に施行されました改正道路交通法によりますと、「高齢者講習」にプラス「認知機能検査」の受検が義務化されてしまいました。

「認知機能検査」は教習所で行われていますのでやはり事前に予約が必要になります。この検査を受けなければ「高齢者講習」も受けられませんので通知書が届きましたら最優先して予約を取ることが必要となります。

この検査では認知症の疑いがないか、判断力や記憶力などの考査が行われます。なお、「認知機能検査」は免許証の更新期間満了日の6カ月前から受検ができます。

以下に「75歳以上の免許証更新の流れ」をまとめてみました。

  1. 認知症の疑いなし・低下のおそれなしの場合
    高齢者講習の受講⇒運転免許証の更新手続き⇒「運転免許証の交付」
  2. 認知症のおそれありの場合
    「臨時適性検査または医師の診断書の提出」⇒認知症⇒「免許証の停止または取り消し処分」

このような流れになります。

おわりに

最近の高齢者ドライバーの運転により事故件数も多くなりその対策に苦慮しているのが現状です。その典型的なものがこの「免許証の更新手続きの煩わしさ」を挙げることができます。

これによりこんな煩雑なことをしなければ免許証などいらないと、「免許証の返納」の選択するのも一つの方法になります。しかし、都市周辺部ではこれも叶うことですが、田舎暮らしではマイカーがなければ生活が成り立たないところもあり大いなる社会問題となっています。超高齢化社会に暮らす人々の悩める事実です。

どこにその落としどころを求めるのか。規制ばかりでは高齢者の未来を塞ぐことになり、また野放し状態では事故多発の弊害があるばかりとなります。この両者の利益衡量は、これからの交通事情を考えるのは我々一庶民に課せられた重大な課題であることを自覚したいですね。

運転免許 認知機能検査ブック

75歳以上のシニアドライバーが、運転免許更新時に必ず受けなくてはならない
「認知機能検査」のすべてがわかる対策ブック。

検査内容と練習問題、本番そっくりの模擬テストを収録していますので、
実際の認知機能検査の練習に最適な1冊です!

こんな方におすすめ!
  • 75歳以上のシニアドライバー
  • 高齢の親の運転が不安・心配な家族
  • 自分の運転能力の衰えが気になる方
  • いくつになってもカーライフを楽しみたい方

75歳からの免許更新時に義務付けられた認知機能検査のすべてがわかる1冊です。

実際の検査の予習&対策におすすめ。

認知機能検査ブック