高齢者講習

高齢者講習の実技試験について〜2017年3月施工の改正道路交通法を解説!

長寿国の日本では車の運転をする高齢者も増加していますが、一方で高齢者の運転による事故の多発や逆走なども社会問題になっていますね。

2017年3月施行の改正道路交通法では、運転免許更新時の高齢者講習が大きく変わりました

高齢者講習について、その流れや内容について紹介します。

高齢者講習全体の流れ

高齢者講習は、免許証更新時の年齢が70歳から74歳までの方と75歳以上の方では、講習の内容や検査項目が異なります。

70歳から74歳までの方の場合は2時間の講習を受講しなければなりません
  1. DVDなどを視聴しながら交通ルールや安全運転の知識について講習を受けたり、指導員から質問を受けたりする双方向講義を約30分受講します。
  2. 動体視力検査や視野検査、夜間視力検査を受けます。約30分程度です。
  3. 実際に自動車に乗り、指導員の指示通りに運転します。その際、ドライブレコーダーで記録しておき、その後映像を見ながら指導員から運転についてアドバイスを受けます。 約60分の講習になります。

75歳以上の方の場合は、まず認知機能検査を受けます。その結果によって、講習時間や内容が異なります。

75歳以上の方

認知機能検査の結果は、「認知症のおそれのある方」「認知機能が低下しているおそれがある方」「認知機能が低下しているおそれがない方」の3つに分けられます。

  • 認知機能検査結果が「認知機能が低下しているおそれがない方」は、70歳から74歳までの方と同じ2時間の講習に進みます。内容も同じです。
  • 認知機能検査結果が「認知機能が低下しているおそれがある方」は3時間講習を受講しなければなりません。双方向講義を30分、動体視力・視野検査・夜間視力など適性検査が30分、60分の運転実技、運転実技で撮影したドライブレコーダーの映像を使って個別指導を30分、映像による座学が30分の講習になります。
  • 認知機能検査が「認知症のおそれのある方」の場合は、臨時適性検査や医師の診断書などで認知症であると判断された場合は免許の停止や取り消しになります。
    また、認知症ではないと判断された場合は、認知機能が低下しているおそれがある方と同様の3時間の講習を受講します。

高齢者講習の実技試験の内容について

実技試験、などと言われると、普段問題なく運転している方も不安になってしまいますよね。しかし、高齢者講習の運転実技は試験ではなく、事故を防ぐために自分の運転を再確認することが目的の講習ですから心配ありません。

高齢者講習は教習所で行うため、内容は教習所によって少し異なる場合もあります。クランクやS字カーブ走行、方向変換などの他、急発進の体験や8の字走行の体験などが行われる場合もあります。

そうした走行技術とともに、認知機能の低下による運転操作や違反の恐れには、より注意が払われるようです。

例えば、信号無視などがないか、カーブなどの運転時のはみ出しや速度、進路変更の際の確認やウィンカー、速度、一時停止の標識を確認して適切な停止をしているか、などがチェックされるようです。

高齢者講習の他に、教習所のコースを運転して、加齢による機能低下で運転に影響がないかを確認するテスト、チャレンジ講習があります。1人約15分程度の試験ですが、これに合格するとさらに簡易講習を受講すれば高齢者講習受講とみなされますので、高齢者講習を受ける必要はありません

おわりに

70歳以上の方が受けることになる高齢者講習は、75歳以上の方はさらに別の検査や手続きが必要になります。

面倒、億劫と感じる方も多いでしょうが、自分の運転を見直す機会と前向きにとらえて、自分や家族のためにもぜひ安全運転を心がけてほしいものです。

もし自信がなかったり、講習や実技を億劫、負担と感じる場合は、免許返納を考える時期なのかもしれません。

運転を続ける方は、くれぐれも更新手続きに間に合うよう、認知機能検査や高齢者講習を受けることを忘れないでくださいね。

運転免許 認知機能検査ブック

75歳以上のシニアドライバーが、運転免許更新時に必ず受けなくてはならない
「認知機能検査」のすべてがわかる対策ブック。

検査内容と練習問題、本番そっくりの模擬テストを収録していますので、
実際の認知機能検査の練習に最適な1冊です!

こんな方におすすめ!
  • 75歳以上のシニアドライバー
  • 高齢の親の運転が不安・心配な家族
  • 自分の運転能力の衰えが気になる方
  • いくつになってもカーライフを楽しみたい方

75歳からの免許更新時に義務付けられた認知機能検査のすべてがわかる1冊です。

実際の検査の予習&対策におすすめ。

認知機能検査ブック